スエヒロ建工

スエヒロ建工での日常。こんなこと。あんなこと。*゜*もこもこ*゜*ブログ

会社概要
『地盤沈下した家 嵩上げ工事』


工事の進行ごとに、ご紹介します。
施工内容
☆玄関側から奥へ向けて、家が30cm程度沈下している。
  将来の台風災害に備え、水平に調整+全体を20cmの嵩上げをする。
仮
仮
『施工前』
『施工後』
仮
仮
『施工前』
『施工後』
仮
仮
『施工前』
『施工後』
仮
仮
『施工前』
『施工後』








☆作業内容を時間に沿って写真でご紹介。
@まずは、現場周辺の仮囲いを。
仮
A家を基礎を切り離し持ち上げる為、
  H鋼を入れる穴をあける。
仮
BH鋼を入れていきます。
仮
C油圧ジャッキをセットします。
仮
D家部分と基礎部分を切り離し
  油圧ジャッキにて家部分を持ち上げます。
  基礎部分の作業性を考え(配筋・型枠設置等)
  作業スペース確保の為、2mほど持ち上げます。
仮
E型枠を設置し、コンクリートを打設します。
  養生期間を約10日程とりました。
仮
F養生終了後、家を基礎部へ降ろし設置。
  H鋼挿入部分を補修し塞ぎます。
  この後、基礎部分はモルタル補修し表面を仕上げます。
仮
G玄関ポーチは完全に作り替え。
仮
H玄関サッシも交換し、ポーチは約20cm上げて造作。
仮
I基礎部分巾木のモルタル補修。
  外壁のペンキ補修を施し、完了です。
仮



ご相談、お問い合わせは無料です。  (※クリックしていただくと、お問い合わせフォームへ行きます。)


是非、よろしくお願いいたします。


                                                       △このページのトップへ。


                                                       △トップへもどります。