スエヒロ建工

スエヒロ建工での日常。こんなこと。あんなこと。*゜*もこもこ*゜*ブログ

会社概要
外構・エクステリア関連用語の簡単なご説明です。
竹垣(たけがき)
  竹を主原料として作った垣根
千鳥(ちどり)
  ジグザグ形の配置をすること。飛び石の「千鳥打ち」が有名。ウッドフェンスなど板と板を千鳥に組むこともある。
通路(つうろ)
  歩行のための道。敷地境界と建物の間、道路や勝手口や玄関などのように人の通行に供される部分。
築山(つきやま)
  盛土によって庭園内に設けられた小高い山。
坪庭(つぼにわ)
  周囲を建物や塀や垣根で囲まれた狭い庭。
低木(ていぼく)
  樹高が0・3〜1・5m程度の木で主として潅木をさしていう。
鉄平石(てっぺいせき)
  庭石の一種。長野県の佐久、諏訪地方から産出される板状の石で、赤みを帯びたものと青みを帯びたものがある。
テラコッタ
  イタリア語で素焼鉢のこと。
天端(てんぱ)
  物の最上部または頭頂部の面。「うわば」ともいう
土留(どどめ)
  土を取ったり盛ったりする時に、傾斜面や崖が崩壊しないように止める殊。土留の方法として擁壁や石積み、矢板(木製・鋼製)ブロック積みなどを用いる。土止めとも書く。
飛び石(とびいし)
  飛び飛びに配置された歩行用の石。敷石の一種。
土間(どま)
  元来は、家の中で土のままである部分。床面が土のままであることにも使われる。

 


                                               △このページのトップへ。

 
                                               △トップページへもどる。