スエヒロ建工

スエヒロ建工での日常。こんなこと。あんなこと。*゜*もこもこ*゜*ブログ

会社概要
外構・エクステリア関連用語の簡単なご説明です。
アーチ
  金属や木でできた弓形の構造物。バラやツル性植物を這わせる支柱としてもよく使われる。
アーチゲート
  アーチを使った門。通常庭への出入口などにたてられる。
アール
  曲線。Rともいう。エクステリア業界では、「アールを出す」「アールを使う」などとよく使われる用語。
RC(アールシー)
  コンクリートを鉄筋で補強した構造。耐久性、耐火性、耐震性、経済性とも優れている。
アイアン鋳物(いもの)
  アイアン(鉄)を鋳つぶして装飾的な飾りをつけたもの。門扉やフェンスなどで用いられる。
アプローチ
  玄関から外への通路の事。
洗い出し
  床面を仕上げる左官仕上げの技法のひとつ。モルタルやコンクリートが完全に固まらないうちに表面を水で洗い流し、中に入っている骨材(砂・砂利・石など)を露出さける仕上げ。
アルミ門扉(もんぴ)
  アルミ製の門扉。エクステリア業界では、格子状の形材のものを「アルミ門扉」といい、装飾性のある鋳物の飾りがついたものを、「鋳物門扉」と呼び分けている。
アンティークレンガ
  昔の建物に使われていたレンガ。一部が変色シタリ、欠けていたりする。素朴な風合いで人気がある。通路に敷いたり、塀に積んだりするのに使われる。ほとんどは輸入品。生垣(いけがき)樹木の一定の高さに刈り込んで用いる垣根。
石敷き(いしじき)
  石を固定せずに敷き詰めたもの。
石段(いしだん)
  斜面を上り下りするために、石を積み上げて、階段状にしたもの。
移植(いしょく)
  植物を掘りあげて、別の場所へ移し替えること。
板石(いたいし)
  板に近いような軽い石。ストレート状の石。
インターロッキング
  舗装用コンクリートブロックの一種。サイズ・形・色が豊富で、主にガレージやアプローチの舗装に用いられる。目地にはモルタルではなく砂を用いるので、透水性をもち雨水による水たまりが出来にくい。形は直線ではなく、相互にかみ合わせてズレを防止している。
植え付け
  樹木や草花を植え込むこと。
打ちっぱなし
  コンクリート壁で、素地仕上げのもの。石やレンガを貼らずコンクリートが出ているもの。
ウッドデッキ
  木で作られたデッキ(台)。日本古来からある広縁の現代版。通常、リビングから外に張り出す形で作られる。
エクステリア
  直訳では建物の外側、外観。日本では建築用語の外構と同じ意味。建物全体の付属物、景観のしつらえ、外構・造園などの総称。最近は、門、塀、アプローチ、植栽、庭などを美しくするものというような意味で使われる。
FRP(エフアールピー)
  繊維強化プラスチック。熱硬化性樹脂複合材料。木造住宅のバルコニーや屋上庭園の防水剤として利用される。既製品の池、擬石,擬木などの建築材料のほか、門扉やポストなどにも使われている。
園路(えんろ)
  庭園と庭園の間,庭の小道。
オーニング
  可動式の日除け。手動式と電動式がある。日差しの強い窓やウッドデッキに面した窓の上に取り付けられる。ヨーロッパでは日常的に使われており,屋外生活を彩る大切な装置となっている。取り付ける建物外壁の補強が必要になる場合があるので注意が必要。
オーバードア
  頭上にスライドして開く扉。エクステリア業界では、ガレージでパネル状の扉が跳ね上がるタイプのものをいう。
オープンスタイル
  エクステリアのデザインの手法のひとつ。通路に面して開放的な外構スタイルで、植栽を主体に構成される。
大谷石(おおやいし)
  庭石の一種。宇都宮市大谷から産出され、軟質なので加工が容易。門柱や石積によく使われる。
オブジェ
  フランス語で「対象物」もしくは「物体」の意。庭園や公園などを美的に表現する素材として使う場合の「デザインされた小物体」のこと。
親子門扉(おやこもんぴ)
  両開きの門扉のうち、片側の扉が他方より小さい形式のもの。



                                               △このページのトップへ。




                                               △トップページへもどる。